P-cube Blog

福岡の建物をリフォーム・リノベーションで快適空間に(^^) そんな会社の代表の日々を少し紹介

2012年06月18日

(完成!)福岡県一戸建和室リフォーム

実は・・少し前に完成していたのだが、今回の現場では完成後の「時間」が重要だったので・・無事完成して一安心です。

resize0548.jpg

二間続きの和室を襖部分を壁で仕切り奥の和室は寝室として使用するための工事です。

resize0549.jpg

この和室を寝室へ
寝室にはベッドを置くので基本は洋間ですが、和テイストを色濃く残した空間へ

resize0551.jpg

畳を取り除くとこのようになってます・・と言いたいですがこれは造りによって様々です。
(マンションと一戸建て、一戸建てでも構造等によりまったく違うんです)

resize0552.jpg

和室特有の天井も勿論やり替えです

resize0553.jpg

まずは天井と壁を施工していきます

resize0554.jpg

そして床を解体して

resize0556.jpg

床下地を施工していきます
(今回は既存下地に不具合があったので下地から施工しました)

resize0555.jpg

戸襖部分も壁をつくっていきます
通常壁材には石膏ボードを使用するのですが本格的な和室の壁材には石膏ボードを使いません。
それは壁の仕上げ材が違うから
その仕上げ材が完全に仕上がるまでに時間がかかるものなのです

resize0558.jpg

完成!
これは戸襖部分に作った壁を寝室側より
間の壁には換気用の木建具で引き分け戸を作成し設置
この辺りは現在多く使われる新建材にない雰囲気があります。

resize0557.jpg

上部と同じ壁の別アングル
この1面だけは木目の仕上げ材の壁に
床は天然木のフローリングを使用
気持ちいい!!

resize0559.jpg

大き目の窓なので障子を分割
理由は風を通すために窓を開けている時にベッドに寝転んでも外から見えないように
上部の障子だけを開ければ風は通って外からの目線は防げます

resize0560.jpg

そしてこの部分、これは戸襖だった部分につくった壁を和室側から見た画像です。
現在の和室には壁の仕上げ材にクロス(壁紙)を使用することが多くなってきてますが
今回他の和室壁(他の三面)に合わせるべく「じゅらく塗」という仕上げ材に
他の壁に色を合わせるべく慎重に吟味し施工、その後きちんと乾くのに時間が必要であり
乾いてみると色が変わったりと・・
勿論うまくいきました!

年月とともに家族構成やライフスタイルは変わってくるもの
それに合わせて家もちょっとした工事を行うことにより快適空間に変わることは多いですよ


クロス630円/uキャンペーン継続中

メールからはこちら

お電話からは092-552-2226


posted by リョウ at 19:36| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | リフォーム・リノベーション完成! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。